コーヒーは体に良い!

コーヒー

少し前までコーヒーは体に悪いという説が有力だった事もありましたが、近年では逆にコーヒーは体に良い飲み物という考えが有力となってきています。以前まで体に悪い成分として挙げられていたカフェインについては現在においても取り過ぎが有害なのは変わりませんが、適量であれば日常生活において有用な成分としてサプリまで出ているぐらいです。

コーヒーに含まれるカフェインと効果

コーヒーには100mlあたりで約60mgのカフェインが含まれています。紅茶は約30mg、緑茶(煎茶)やほうじ茶、烏龍茶は約20mgなので、比較するとかなり多い量なのが分かりますね。コーヒーには覚醒作用による眠気覚ましの効果があると昔から言われていますが、これはコーヒーに含まれるカフェインが脳内にあるアデノシン受容体という箇所に、アデノシンの結合を妨害する働きがある為です。通常、人が活動している間はアデノシンが体内に蓄積していき、このアデノシンがアデノシン受容体と結びつく事で疲労や眠気を感じるようになっていますが、カフェインはこのアデノシン受容体と結合してアデノシンの結合を妨害する事で眠気や疲労を感じさせない仕組みとなっています。

勿論コーヒー以外に含まれているカフェインにも同様の効果がありますが、お茶の場合はお茶に含まれているカテキンとカフェインが結びついており、コーヒーと比べてカフェインの効果は緩やかになる事が分かっています。但しお茶の種類によって注意が必要なのは一般的な煎茶に含まれるカフェイン量はコーヒーと比べて1/3程度ですが玉露に限っては100mlあたり160mgと突出して多くコーヒーの2.6倍近くあります。また最近ではエナジードリンクと呼ばれる飲料品にも多くのカフェインが含まれているので注意しなければいけません。

カフェインの覚醒作用は眠気覚ましの他に勉強や仕事、運動のパフォーマンス向上が期待できますが、当然ながら睡眠障害に繋がる可能性もあります。カフェインの効果は体質によって異なりますが大体5時間から8時間続くと言われているので、就寝時間から逆算して8時間前には控えると良いでしょう。

コーヒーに含まれるポリフェノールと効果

近年コーヒーが体に良いと見直されるようになったのはコーヒーに多く含まれるポリフェノールが大きな要因となっています。ポリフェノールという言葉は最近よく耳にする機会が増えましたが、8000種類以上あると言われている抗酸化物質を指します。因みにお茶に含まれているカテキンもポリフェノールの一つです。一般的にポリフェノールと言えば赤ワインをイメージしますが、コーヒーは赤ワインには若干劣るものの多くのポリフェノールを含んでいます。下のグラフはNestle公式サイトから拝借しました。

ポリフェノールが含まれる飲料、食品

グラフは100mlあたり(食品の場合100g)に含まれるポリフェノールの量で、赤ワインが230mgなのに対してコーヒーは200mgと、赤ワインにかなり近い量になります。緑茶や紅茶と比べると約2倍に近い量になり、コーヒーに含まれるポリフェノールがいかに多いかが良く分かります。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸類のポリフェノールは2型糖尿病、肝臓癌、肝硬変のリスクを低減させると言われており、これまでに血糖値の上昇抑制効果や糖質の吸収を緩やかにする効果、脂肪の燃焼を促進する効果が分かっています。

コーヒーの飲み方や飲み過ぎは毒にもなる

ここまで読み進めてくるとコーヒーが体に良い事が分かっていただけたと思いますが、飲み方や飲みすぎ、コーヒーの種類によっては逆に体にとって毒になります。まず上で記述したコーヒーに含まれるクロロゲン酸類のポリフェノールには、胃酸の分泌を活発にする作用があります。ヨーロッパの一部の国には食後にコーヒーを飲む文化がありますが、これは非常に理に適っている訳ですね。しかし朝起きて胃が空っぽの状態でコーヒーを飲むと胃が荒れる原因になります。私もそうですが朝起きたらまず最初にコーヒーを飲みたいという方は多い筈。そこで対処法として、いきなりコーヒーではなく朝起きたら最初に水を1杯飲んで下さい。コーヒーよりも先に200ml程度の水を胃に入れておく事で対処出来ます。

またどんなにコーヒーが好きでも飲み過ぎは体に悪影響が出ます。かなり稀な例ですがエナジードリンクに含まれているカフェインが原因とされる死亡事故も海外では起こっています。一般的には1日に2杯か3杯ぐらいまでが適量といわれていますが、上でも書いたように飲む時間帯も重要です。睡眠に悪影響が出る可能性があるのでお昼以降は控えましょう。それでも飲みたいと思う事はありますよね。そんな方にはカフェインレスコーヒーがお勧め。名前の通りカフェインが90%以上カットされています。他にデカフェやノンカフェインコーヒーとも呼ばれますが、私も夜にコーヒーが飲みたくなったらカフェインレスコーヒーを飲む事があります。

カフェインレスコーヒー

因みに市販のカフェインレスコーヒーはカフェインが97%ぐらいカットされている物が殆どで、コーヒーが飲みたくてもカフェインは取りたくないという時に便利ですが価格は割高になっています。但し味や香りは一般のコーヒーと比べても全く遜色有りません。驚く事に普通に美味しいです。一時期は豆で販売されている物も購入していました。

もう一つ、缶コーヒーやボトルコーヒーはあまりお勧めしません。確かに美味しいですが想像以上に大量の砂糖が入っています。缶コーヒーを飲むなら微糖や無糖がお勧めですが、缶コーヒーの微糖や無糖で美味しい物って殆ど無いですよね。勿論、インスタントコーヒーやドリップコーヒー、喫茶店で飲むコーヒーであっても砂糖を入れすぎるのは同様に体に悪影響があります。

コーヒーは美味しい

ここまでコーヒーは飲み過ぎなければ体に良いと書いてきましたが、正直な所では毎日飲んでいる私自身あまり健康効果を実感した事はありません。わざわざコーヒーが嫌いな方にお勧めするほどの理由は無いし、毎日必ず飲むべき物だとも思っていませんが、私がコーヒーを毎日飲むのは純粋にコーヒーが好きだからですね。飽くまでも健康飲料ではなく嗜好品という考えです。

コーヒー

初めてコーヒー豆を買って、初めて自身でコーヒー豆を挽いて、初めて酸味のあるコーヒーを飲んだ時は強く感動しました。ただ最近ではそれも面倒になってドリップタイプの物しか購入していませんが、カフェインが効くとかポリフェノールが良いとか抜きにして、コーヒーの香ばしい香りで癒される一時が肉体面より精神面に良い影響を与えているような気がしています。